デリケートゾーンのお悩み解決

男性のカンジタ症とは

男性のカンジタ症 カンジタ真菌が原因となって発症するカンジタ症は女性だけではなく、男性にも起こる症状です。
カンジタ菌の感染の原因としては体調不良やストレス、疲労の蓄積などによって免疫力が低下していたり、抗生物質やステロイド剤などの使用、蒸れている状態の時に繁殖しやすいので通気性の悪い下着の着用などがあげられます。
セックスによって感染することもありますが、男性の場合は性器が女性のように体内にあるのではなく、体外に出ている作りになっているので女性と比べると通気性も良く日ごろから清潔にするように気を付けていれば発症する可能性は低いとされています。
男性の性器にカンジタ菌が付着すると性器にかゆみや痛み、発疹、腫れ、白いカスなどが出るなどと言ったことが起こります。この白いカスが大きな特徴で、健康な際にはほとんどそのようなものは出ないので、白いカスが出る場合には医療機関を受診して検査を受けるようにするのが良いでしょう。
また痛みがあると言う場合には皮膚に炎症が起こっていることが多いですし、炎症が起こっている場合には皮膚が弱くなっていて裂けやすい状態になっているためそのままにせずに早めに治療を受けるようにすることが大切です。

性器カンジタの治療期間と治療方法

病院で性器カンジタと診断された場合、治療を受けることとなりますが、気になるのがどのくらいで完治するのかということや治療方法についてでしょう。
一般的に性器カンジタの治療期間は男女とも2週間程度が目安となっています。
しかし、発症してからの期間が長く、症状の程度が酷いような場合や慢性化しているような場合は治療期間も長くなりがちです。特に女性の場合は、膣内部まで菌が繁殖していると余計に期間がかかってしまいやすく、再発もしやすいため注意が必要です。
次に性器カンジタの治療方法ですが、基本的には菌が原因で発症する病気ですので抗真菌薬が使われます。
男性の場合は、軟膏やクリームタイプの抗真菌薬を患部に塗布して菌の除去をしていくこととなりますが、女性の場合は、これに加えて膣内部の洗浄を行った後、膣に直接投与する膣錠を使って内部から菌を除去していくという方法がとられます。
また女性が治療後に再発をしたような場合は、市販でも膣錠が買えるようになりますので早期治療に役立てることが出来ます。
性器カンジタは誰でも持つ常在菌が原因で発症するものですので、誰にでもそのリスクがある病気です。なんらかの違和感を感じた時には早めに治療を受けて治すようにしましょう。